Page: 1/180   >>
初めと初め


 

 

  初めての靴づくり挑戦になることが

 

 多い、ベビー(ファースト)シューズ教室です。

 

 

 

  プレゼント用ベビーシューズを作るため、

 

 教室に参加した Kさんです。

 

 

 

 

 

  ベビーシューズは木型に合わせ

 

 既定の型紙があるので、革選びが

 

 終われば、さっそく型入れです。

 

 

 

 

 

  無駄のない革の取り方を考えつつ、

 

 一つずつ丁寧に型紙の形を書き入れ

 

 ます。

 

 

 

 

  すべてのパーツを一通り、型入れ

 

 してから、裁断します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  型入れしたパーツ毎に、包丁で

 

 裁断していきます。

 

 

 

 

 

  これはある程度の大きさに荒断ち

 

 した後で、一つずつのパーツを切り

 

 出します。

 

 

 

 

  包丁の使い方はちょっと特殊なので、

 

 慣れないと切れないことも...。

 

 

  つい、間違って当てていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  履き口周りのフリンジ飾りを

 

 作ります。その細かさで印象が

 

 大きく変わります。

 

 

 

 

  飾りの細かさを決めて、一つ

 

 一つフリーハンドで切ります。

 

 

 

 

  途中、太さが変わっていないか

 

 チェックしつつ、一定幅で切り込み

 

 を入れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  出来上がったフリンジ。

 

 

  ちょうど革紐を挟み込むように

 

 折り返し、縫う位置を固定するため

 

 ピンチで留めます。

 

 

 

  この後、ミシンで縫って、紐の

 

 取り付けまで完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ミシンでの縫製。

 

 

 

 

  折り返したフリンジ部分を

 

 切れ込みの根元ラインを目安に

 

 縫っていきます。

 

 

 

 

  一定幅で縫いますが、革紐を

 

 一緒に縫ってしまわないよう、

 

 注意しながら作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  縫いあがったフリンジ。

 

 

 

  あとは甲と合わせてますが、

 

 先に接着剤で固定します。

 

 

 

  この時点で手縫い用の穴は、

 

 もう開けてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  手縫いで底を縫い付けます。

 

 

  周りを全体的に緩く縫い進め、

 

 徐々に引き絞って形を作ります。

 

 

 

 

  段階を踏んで引いていくことで、

 

 革を偏りなく全体的に伸ばすこと

 

 ができます。

 

 

 

 

  この後、ゴム底を接着して、

 

 中敷きなど、細かい部分の仕

 

 上げをして完成します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  完成したベビーシューズ。

 

 

 

  手の平にのる、オーソドックスな

 

 モカシンタイプが完成しました。

 

 

 

 

  定番の形の、定番の色ですが、

 

 やっぱりかわいい靴になっています。

 

 

 

  これから、しっかりとお散歩に活躍

 

 してくれそうですね!

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

| ブログ管理人 | 23:11 | comments(0) | - | pookmark |
スペシャル

 

 

 

  当工房で何足も作っている Kさんです。

 

 

  自分用の靴のほか、知り合いの方のために

 

 スペシャルシューズを制作中。

 

 

 

 

  少し不自由な足でも楽に履ける、

 

 ストラップシューズ製作の続きです。

 

 

 

 

  裏地を縫い付けます。

 

 黒い表革に、赤い色が映えます。

 

 

 

 

  複雑な形なので、縫うのに少しコツ

 

 が要りますが、丁寧に縫い合わせて

 

 いきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  裏地をトリミング。

 

 

 

  縫い合わせた裏地は、少しだけ

 

 余分に大きめになっています。

 

 

 

 

  縫い目に沿って、ギリギリの

 

 ところを切り落とします。

 

 

 

 

  ここでは小さなハサミが大活躍。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  甲革が一区切りしたため、中底の

 

 作業を。

 

 

 

 

  ファイバーと革のハイブリッド。

 

 外形は木型の底に合わせて、機械で

 

 削り出します。

 

 

 

 

 

  ある程度形になったら、実際に

 

 木型にあてがって、仕上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  釣り込み作業に入ります。

 

 

 

 

  まずは全体のセンターを合わせ、

 

 つま先側から位置決め釘を打って

 

 いきます。

 

 

 

 

 

  何事も、最初が肝心です。

 

 最初にきっちりと合わせないと、

 

 後で歪みに気づいても、ここから

 

 やり直ししなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  釣り込みした革の、余分を

 

 切り落とします。

 

 

 

 

  一番細かくまとめるカカト

 

 部分は、釣り込み時点でカット

 

 しています。

 

 

 

 

  ここでは、接着面が一定幅に

 

 なるよう、切り揃えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  別に作った先芯を入れ、ボンドを

 

 しっかり塗って革に染み込ませます。

 

 

 

 

  こうすることで、重ねる革が一体

 

 となり、長年使用しても、つま先を

 

 保護してくれる、とても丈夫な芯に

 

 仕上がります。

 

 

 

 

  場合によっては、仮釣り込み後に

 

 芯を固めて、仕上げ削りをしてから、

 

 この作業に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  最終の釣り込みです。

 

 

 

  ワニを使って、しっかり引きながら

 

 釘で仮留めしていきます。

 

 

 

 

  きちんと全体のバランスを考えつつ、

 

 アッパー表面に皺が残らないよう、革

 

 が木型にぴったり張り付くまで引き込み

 

 ます。

 

 

 

  難しいですが、立体的な靴に仕上がる

 

 大事な工程。これが楽しいという人も、

 

 多いです。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:24 | comments(0) | - | pookmark |
イメージアップ

 

 

 

  手縫いブーツを制作中の、Oさんです。

 

 

 

  いよいよ底付け作業です。

 

 

 

  中物のコルクを取り付け後、

 

 接着剤で革底を貼り付けます。

 

 

 

 

  手縫いするとはいえ、基本的

 

 にしっかり接着しておかなければ

 

 いけません。

 

 

 

 

  こうした染み込みやすい素材の

 

 場合は特に、表面の状態に注意

 

 します。

 

 

 

 

 

 

 


 

  全体のバランスに注意しながら

 

 貼り付け。

 

 

 

 

 

  すぐにウェルト周りを、専用の

 

 「やっとこ」で圧着します。

 

 

 

 

 

  ちょっとヨレてしまったウェルト

 

 を、ピシッと整える意味も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  接着面が安定したら、手縫い糸

 

 のための溝(チャネル)を掘ります。

 

 

 

 

 

  まずは、底面の外周を、包丁で

 

 切り開きます。「どぶ起こし」と

 

 呼ばれますが、イメージが汚いので

 

 クリーンな印象の「溝起こし」で

 

 いいんじゃないかと...。

 

 

 

 

 

  途中で切れてしまわないように、

 

 一定の深さで切り進めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  続いて下拵えのひとつ、糸撚り

 

 をします。

 

 

 

 

  撚っていない糸を、必要な強度が

 

 得られる本数で撚り合わせ、一本の

 

 糸にします。

 

 

 

 

  末端の処理も含めると、なかなか

 

 複雑な作業で、しかも後々まで影響

 

 します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  撚った糸を使って、だし縫い。

 

 

 

 

  完成後も見えるステッチなので、

 

 ピッチだけでなく糸目をきれいに

 

 整えながら、縫っていきます。

 

 

 

 

  こちらはスクイ縫いよりも力の

 

 かかりが弱いので、細めの糸で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  出し縫いが終わったら、底革の

 

 溝に蓋をするため、「どぶ起こし」

 

 の部分を閉じます。

 

 

 

 

  革を濡らして柔らかくしたうえ、

 

 接着剤を塗って閉じます。

 

  ある程度濡れた状態でも、接着

 

 することができます。

 

 

 

 

  この次はとっても重要な、ヒールの取り付け作業です。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:03 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode