Page: 1/110   >>
楽しく通勤

 

 

 

 

 

  ご家族に靴を作っている Yさんです。


 

 

 

  いよいよ底付の作業です。

 

 

 

 

 

  セメンテッド製法なので、全面に

 

 接着剤を塗ります。

 

 

 

 

 

  特に強度が求められる外周は、接

 

 着剤が少なかったり、塗り残しがな

 

 いよう、特に注意して作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ゴム底の加工です。

 

 

 

 

  手で削るのは大変なので、動力

 

 を利用して削ります。

 

 

 

 

  特にヒールは摩耗に強い素材で

 

 硬いため、しっかり押し当てながら

 

 作業します。

 

 

 

  大まかに形が合ったら、取り付け

 

 ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ヒールの角度調整。

 

 

 

  ヒールが別パーツで取り付ける

 

 場合、角度調整が必須です。

 

 

 

  接地する化粧板の前に、高さ調

 

 整の段を取り付け、完成の角度を

 

 考えつつ、削ります。

 

 

 

  ソールはシューズのソールでは

 

 一番人気、ビブラム社製ダイナイト

 

 タイプ。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ヒール外周の仕上げ。

 

 

 

  角度を合わせて化粧ヒールを

 

 接着したら、外周を仕上げます。

 

 

 

  ヒールが固いのと、それ以外の

 

 コバで厚みが違うため、削りすぎ

 

 ないよう、注意します。

 

 

 

  仕上げは、特に丁寧に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  そして、完成しました!

 

 

 

 

  大変オーソドックスな、皆さん

 

 のイメージする、きっちりとした

 

 「ビジネスシューズ」です。

 

 

 

 

  足に合わせて作っているので、

 

 既製品とは当然、履き心地が違い

 

 ます。

 

 

 

  ぜひ、履き心地を楽しみつつ、

 

 通勤していただきたいです。

 

 

  毎日の出勤が、少しでも楽しくなるといいなぁ。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:16 | comments(0) | - | pookmark |
思い通り

 

 

 

 

  当工房に通い始めてから、いろいろな作業に

 

 挑戦している Mさんです。

 

 

 

  今回は、お気に入りの靴の底を張り替えます。

 

 


 

 

 

  かなり昔に手に入れたという、

 

 ミネトンカのモカシンとのこと。

 

 

 

 

 

  サイドの装飾がとってもいい

 

 感じです。

 

 

 

 

 

  しかしソールに不満があるため、

 

 お気に入りの素材で作り直します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  まずはゴム底を切り出しますが、

 

 元のソール材を型にして、大きめ

 

 に裁断します。

 

 

 

 

 

  今回は厚みを稼ぐため、土台の

 

 ゴムに、クッション性のよい天然

 

 クレープを重ねます。

 

 

 

 

  まず、両者を接着していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  大まかに切り出してあった

 

 本底のクレープ外周を、機械

 

 で削ります。

 

 

 

 

 

  少々削りにくいのが難点で

 

 すが、履き心地は独特なもの

 

 があり、根強い人気です。

 

 

 

 

 

  Mさんも、このクッション

 

 性が大のお気に入り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  底の革面に接着剤を。

 

 

 

  こうした起毛の革は、とても

 

 染み込みやすいため、最初のひ

 

 と塗りは膜を作るつもりで。

 

 

 

 

  二回目以降に塗る接着剤で、

 

 固定してやる感じです。

 

 

 

  よく様子を確認しながら塗布

 

 していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  本底ゴムにも接着剤を塗り、乾き

 

 かけで貼り合わせます。

 

 

 

 

  すぐに接着力を発揮して固定され

 

 ますが、よりよく付けるため、ハン

 

 マーで叩いて圧着します。

 

 

 

 

  外周から始まって、全体を満遍な

 

 く叩いてやると、剥れにくい仕上が

 

 りに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  そして、底張替えが完了

 

 しました。

 

 

 

  もともとのソールが極薄

 

 だったため、履き心地は全

 

 く別物に。

 

 

 

  少し重くなりましたが、

 

 ゴム底のクッションが効いて

 

 歩きやすい靴に大変身。

 

 

 

  ご近所履き、お出かけで大活躍

 

 の一足になりそうです。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:14 | comments(0) | - | pookmark |
鮮烈

 

 

 

 

  はじめて靴づくりをする方に好評の、短期モカシン教室。

 

 4回出席でしっかり履ける靴が完成します。

 

 

 

 

  今回参加の Mさんは、モカシン・ブーツに取り組みます。

 

 

 

 

  ビビッドなピンクの革で、

 

 個性的な一足を目指します。

 

 

 

 

  型紙は決まっているので、

 

 試着して確認したサイズの

 

 型紙で型入れ。

 

 

 

 

  靴が足にフィットするよう、

 

 革の伸び方向に注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ミシンでの縫製。

 

 

 

 

  モカシンでは、甲を縫い

 

 合わせるいちばん目立つ所

 

 は手縫いです。

 

 

 

  しかしそれ以外ほとんど

 

 は、ミシンで縫います。

 

 

  まずはかかとの縫い割から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  手縫い用の穴あけです。

 

 

 

 

  手縫いで紐を通す穴を、

 

 革ポンチで一つずつ開けて

 

 いきます。

 

 

 

 

 

  型紙で位置決めしてあります

 

 が、微妙なズレを目視で修正し

 

 ながら穴あけ作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ブーツなので更に、筒の部分を

 

 縫い合わせます。

 

 

 

 

  重なる部分はあらかじめ漉いて

 

 なだらかにしておき、接着剤で

 

 固定してから、縫製します。

 

 

 

 

  ここまで縫うと、だいぶ全体

 

 の形が見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  モカの手縫いをしていきます。

 

 

 

 

  はじめは手でゆるゆると編んで

 

 いきますが、途中から工具を使い

 

 強く引き絞り、革を伸ばしながら

 

 形を整えていきます。

 

 

 

 

  何段階かに分けて、徐々に強く

 

 引いて、偏りが起きないように

 

 注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  モカ縫い最後の始末。

 

 

 

  終端の部分は、「ベロ」の

 

 わきに隠れるように、結び目

 

 を作って納めます。

 

 

 

 

  足には当たらない部分です

 

 が、念のためハンマーで叩き

 

 潰しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  そして、細かい仕上げ作業

 

 の後、完成しました。

 

 

 

 

  狙い通り、とってもかわい

 

 らしく、ビビッドな印象を与える

 

 ブーツの完成です!

 

 

 

 

  お出かけの際に、ぜひ履いて

 

 あげて、楽しんでください。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:23 | comments(0) | - | pookmark |
ていねいに

 

 

 

 

  初めての手作り靴に挑戦中の、Mさんです。

 

 

 

 

  仮縫いが終わり、本番用のアッパー(甲革)を

 

 作っています。

 

 

 

 

  組み合わせる部分の厚みを

 

 調整するため、革を漉きます。

 

 

 

 

  革だけを削ぎ落したいので、

 

 板ガラスの上で作業します。

 

 

 

 

  もちろん、歯の切れ味が最も

 

 大事なので、作業中も常に革砥

 

 で研ぎつつ作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  各パーツを縫い合わせます。

 

 

 

  ここはかかとの縫い割部分。

 

 

  縫い合わせた後で、反対側へ

 

 広げるので、ぎりぎりを狙って

 

 縫い進みます。

 

 

 

 

  シンプルですが、完璧な仕上

 

 がりを求めると、難易度が上が

 

 る工程。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  履き口周りの伸び止め処理。

 

 

 

  靴の履き口周りは大きな力が

 

 かかるため、使用につれ伸びて

 

 しまいがち。

 

 

 

 

  そこで伸びのない布テープを

 

 貼り込み、履き口がユルユルに

 

 なるのを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  各部の補強や、裏地と組み

 

 合わせてから、アッパー前後

 

 を縫い合わせます。

 

 

 

 

 

  仮止めの接着剤でしっかり

 

 固定してから、ディバイダで

 

 ケガいた線をなぞって縫います。

 

 

 

 

  あらかじめ線を引いておけば、

 

 きれいな仕上がりが得られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  中底の制作に入ります。

 

 

 

 

  前足部は耐久性を考えて、

 

 しっかりした厚みの革から

 

 切り出します。

 

 

 

  木型の底ゲージで印をつけ、

 

 少し大きめに切り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  革の裏は、ぼさぼさの弱い

 

 部分があるので、漉きます。

 

 

 

 

  かなり厚みを減らすように

 

 削ぎますが、硬さに左右差が

 

 出ないよう、注意します。

 

 

 

 

  単に厚みを揃えても、差が

 

 出てしまうので難しいところ。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:17 | comments(0) | - | pookmark |
お勤め

 

 

 

  通勤で履いていける外羽根靴を、ご家族のために

 

 作っている Y さんです。

 


 

 

  いよいよ靴作りの華(?)、

 

 釣り込み作業に入っています。

 

 

 

 

 

  まずは全体のバランスをみて、

 

 釘で仮留めしたあとカカト側を

 

 本釣り込み。

 

 

 

 

  ワニで細かい畝(シワ)ができる

 

 ように釣り込み、接着剤で固定し

 

 ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  カカト側を仕上げたら、次は

 

 つま先側に取りかかります。

 

 

 

 

  靴の「顔」ですから、全体の

 

 バランスとともに、特に細かい

 

 仕上りにも注意して作業します。

 

 

 

 

  さすがにこの工程は、力がある

 

 ほうがスピード的には有利。

 

 

  でも釘で仮固定を繰り返しながら、

 

 丁寧に作業すれば、キチンと仕上げ

 

 られます。

 

 

 

 

 

 


 

  釣り込みした部分は、丁寧に

 

 ハンマーで叩きならします。

 

 

 

  特に芯の入っている部分は、

 

 木型の形に密着するように、

 

 しっかり時間をかけ、なじませ

 

 ます。

 

 

 

 

  こうした地味な作業も、完成後

 

 の履き心地に影響します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  つま先側の芯です。

 

 

 

 

  最初に仮釣り込みして裏地と

 

 接着したら、こうして直接表面

 

 をハンマーで叩き整えます。

 

 

 

 

  大きく成形する場合は、当然

 

 包丁で削ったりもします。

 

 

  その後、接着剤をつけ表の革

 

 を本つり込みします。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  中物のコルクを接着。

 

 

 

 

  釣り込みした革の厚み分、

 

 中底に段差ができます。

 

 

 

  それを埋めるため、中物

 

 と呼ばれるクッション性ある

 

 柔らかい素材を接着します。

 

 

 

  今回は、板状のコルクで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  底面を、グラインダーで

 

 削ります。

 

 

 

 

  ゴムの本底を接着するため、

 

 段差が無いように仕上げるの

 

 はもちろん、荒らして接着強

 

 度を確保。

 

 

 

 

  特に外周部分は、欠けがない

 

 よう入念に。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:34 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode