Entry: main  << >>
隠れポイント

 

 

 

 

 

 

  外羽根靴制作中の、Yさんです。

 


 

 

  本番用の革を、裁断します。

 

 

 

 

  革の伸び方向を考慮しつつ、

 

 型紙を無駄のないように並べて

 

 型入れします。

 

 

 

 

  傷なども最初にチェックして、

 

 パーツの部分に入らないように

 

 しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  銀ペンで型入れした線の

 

 通りに、包丁で切り出します。

 

 

 

 

 

  基本的には線の通りですが、

 

 厳密には線が残らないように

 

 切るのがポイント。

 

 

 

 

 

  今回は、折込処理するので

 

 その余裕寸もついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  外周を漉きます。

 

 

 

 

  今回は履き口周りを中心に、

 

 折込処理して、丁寧な仕上げ

 

 を目指します。

 

 

 

 

 

  そのための漉き作業は大変

 

 手間がかかりますが、やるだけ

 

 の甲斐のある工程です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  だいたいの漉き作業が

 

 終わったところ。

 

 

 

 

  きれいに折り込みできる

 

 かどうかは、この段階で決

 

 まります。

 

 

 

 

  何事も下準備が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  続いて裏地を裁断します。

 

 

 

 

 

  こちらは裏地用の型紙を

 

 使って、型入れ・裁断します。

 

 

 

 

 

  表地と余裕寸や形状自体も

 

 違うので、専用で型紙を用意

 

 してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  各パーツを、ミシンで縫い

 

 合わせます。

 

 

 

 

  まずは、踵の縫い割から。

 

 

 

  二枚の革を重ねて縫うので、

 

 少し難しい部分があります。

 

 

 

  が、縫い目自体は目立たない

 

 ので、最初の挑戦にはいいかも

 

 しれませんね。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:22 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode