Entry: main  << >>
アングル

 

 

 

  Oさんのストラップ・サンダル、

 

 続きです。

 


 

 

  いよいよ中底革へ、鼻緒に

 

 あたるストラップを取り付け。

 

 

 

  先に中底にストラップ用の

 

 穴をあけて、ある程度の長さ

 

 を引き込み、接着剤で固定。

 

 

 

 

  穴の所を漉いて、ストラップ

 

 が収まるようにしますが、今回

 

 は中底が薄いので、ほどほどに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ストラップ固定部を、ミシン

 

 で縫います。

 

 

 

 

  抜け止めなので、固定した所

 

 全部を縫う必要はありませんが、

 

 強度が出るよう、返し縫いも含

 

 めて念入りに。

 

 

 

 

  中敷き革が白なので、目立た

 

 ないように白い糸で縫いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ストラップの位置をしっかり

 

 確認しつつ、もう片方の端も、

 

 中底へ固定します。

 

 

 

 

  構造がシンプルな分、履き心

 

 地にはストラップの角度が重要。

 

 

 

 

  何度も足に合わせて確かめて、

 

 漉いて作る溝の位置を決定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ストラップの固定後、削り

 

 作業をします。

 

 

 

 

  ゴム本底を貼る中底表面は、

 

 できるだけ平らである必要が

 

 あります。

 

 

 

 

  ストラップ部分を中心に、

 

 段差がなくなるよう削り、底

 

 全体をけば立たせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ゴムソールの準備。

 

 

 

 

  今回は、軽めのスポンジソール

 

 をヒールなしのウェッジタイプに

 

 に成形します。

 

 

 

 

  ビブラムの定番スポンジですが、

 

 端の部分を利用してウェッジ部の

 

 厚みを削りだし。

 

 

 

  重ねて接着し、ヒールとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  ゴム本底と中底を接着後、外周

 

 を染色します。

 

 

 

 

  前作業として、余計なところに

 

 色が付かないよう、テープを貼り

 

 準備します。

 

 

 

 

  今回と違いゴム底を貼ってから

 

 外周を仕上げ削りする場合、その

 

 作業後にテープを貼ります。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:23 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode