Entry: main  << >>
お勤め

 

 

 

  通勤で履いていける外羽根靴を、ご家族のために

 

 作っている Y さんです。

 


 

 

  いよいよ靴作りの華(?)、

 

 釣り込み作業に入っています。

 

 

 

 

 

  まずは全体のバランスをみて、

 

 釘で仮留めしたあとカカト側を

 

 本釣り込み。

 

 

 

 

  ワニで細かい畝(シワ)ができる

 

 ように釣り込み、接着剤で固定し

 

 ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  カカト側を仕上げたら、次は

 

 つま先側に取りかかります。

 

 

 

 

  靴の「顔」ですから、全体の

 

 バランスとともに、特に細かい

 

 仕上りにも注意して作業します。

 

 

 

 

  さすがにこの工程は、力がある

 

 ほうがスピード的には有利。

 

 

  でも釘で仮固定を繰り返しながら、

 

 丁寧に作業すれば、キチンと仕上げ

 

 られます。

 

 

 

 

 

 


 

  釣り込みした部分は、丁寧に

 

 ハンマーで叩きならします。

 

 

 

  特に芯の入っている部分は、

 

 木型の形に密着するように、

 

 しっかり時間をかけ、なじませ

 

 ます。

 

 

 

 

  こうした地味な作業も、完成後

 

 の履き心地に影響します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  つま先側の芯です。

 

 

 

 

  最初に仮釣り込みして裏地と

 

 接着したら、こうして直接表面

 

 をハンマーで叩き整えます。

 

 

 

 

  大きく成形する場合は、当然

 

 包丁で削ったりもします。

 

 

  その後、接着剤をつけ表の革

 

 を本つり込みします。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  中物のコルクを接着。

 

 

 

 

  釣り込みした革の厚み分、

 

 中底に段差ができます。

 

 

 

  それを埋めるため、中物

 

 と呼ばれるクッション性ある

 

 柔らかい素材を接着します。

 

 

 

  今回は、板状のコルクで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  底面を、グラインダーで

 

 削ります。

 

 

 

 

  ゴムの本底を接着するため、

 

 段差が無いように仕上げるの

 

 はもちろん、荒らして接着強

 

 度を確保。

 

 

 

 

  特に外周部分は、欠けがない

 

 よう入念に。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:34 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode