Page: 2/190  << >>
試行錯誤

 

 

 

 

  Kさんのストラップシューズ、続きです。

 


 

  アッパー釣り込みの途中。

 

 

 

 

  かかと側の固定が終わったので、

 

 つま先側を作業します。

 

 

 

 

 

  まずは裏地をきれいに留めて、

 

 全体のバランスを取りつつ、木型

 

 からの浮きがない状態に釣り込み

 

 ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  表革の釣り込み。

 

 

 

 

  カーブのきついつま先側は、

 

 きれいに畝を作ってやらないと

 

 まとまりません。

 

 

 

 

  ワニの使い方がポイント。

 

 引っ張りながら、うまく畝を

 

 まとめて接着します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  釣り込み後の処理。

 

 

 

  上手に畝を作って釣り込み

 

 しても、やはり細かい出っ張り

 

 はできてしまいます。

 

 

 

 

  その余分なところを、包丁で

 

 丁寧に削り落とします。

 

 

  外側から内側に向かって切り

 

 落とすと、切りすぎることなく

 

 面を整えられます。

 

 

 

 

 

 

 


 

  ソールを削ります。

 

 

 

  釣り込みの終わったアッパーに

 

 ソールを接着し、外周を整える

 

 ため、グラインダーで削ります。

 

 

 

 

  アッパーに傷が入るのを防ぐため、

 

 マスキングテープで養生しています。

 

 

 

  いろいろありますが、3Mのもの

 

 がお勧め!

 

 

 

 

 

 

 


 

  そして、完成しました!

 

 

 

 

  こだわって何回も仮縫い、

 

 作り直ししたので、履き心地、

 

 使い勝手とも、ご満足いただけ

 

 たようで何よりです。

 

 

 

  足にトラブルを抱えていると、

 

 外出が億劫になってしまいます

 

 が、少しでも履き良く歩きやすい

 

 この靴で、たくさんお出かけして

 

 いただけたらと思います。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:43 | comments(0) | - | pookmark |
準備

 

 

  当工房での修理作業のご紹介です。

 

 

 

  10月でも、まだまだ暑かったりしますが、

 

 そろそろ秋冬の準備。気がつけばお気に入り

 

 の靴が、要修理の状態だったりして。

 

 

 

 

 

  基本的に靴作り教室、オーダー

 

 シューズメインですが、持ち込み

 

 修理も承っております。

 

 

 

  そんな中の一つ、クラークスの

 

 ナタリーです。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  クレープソール独特の履き

 

 心地が、根強いファンを持つ

 

 クラークスの名作です。

 

 

 

 

  こちらももうすぐ穴があく

 

 寸前。やはりカカトから削れ

 

 てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  修理後。

 

 

 

  背面まで一体のゴムで張替え

 

 するので、さほど違和感もあり

 

 ません。

 

 

 

  オリジナルの見た目にこだわり

 

 のある方も、納得いただける仕上

 

 がりになります。

 

 

 


 

 


  当然、前側まで一体仕上げ。

 

 

  

  つま先もゴムが、きれいに

 

 巻き上げられ、独特の雰囲気

 

 を損なわずに直りました。

 

 

 

  やっぱりナタリーはこうで

 

 なくっちゃ というところです。

 

 


 


 


  横から。

 

 

  実は、この手のソールは横の
 

 部分が剥げやすく、接着も安定

 

 するまで時間がかかります。

 

 

  修理ご依頼希望の際は、納期

 

 がかかりますことをご確認の上、

 

 お申し込みください。

 

 

 

 

 


 

 

 

  他にもパンプスの簡単な修理

 

 なども、承っています。

 

 

 

  ヒールのゴムが、削れてしま

 

 うと修理が必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  こちらは、ゴムの芯が折れて、

 

 取り外しが困難になったもの。

 

 

 

 

  こうなる前に、早めの修理を

 

 お勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  正常に抜き取った芯と、金属

 

 疲労で外れてしまった頭の部分。

 

 

 

  ヒールのゴムが削れてから、

 

 歩き続けているとこんな感じに。

 

 

 

  なので、早めの修理が大事な

 

 わけです。

 

 

 

 

 

 


 

  かかと修理のほかに、傷んで

 

 しまった中敷きの張り替えも。

 

 

 

  ポリウレタン系の素材では、

 

 保管しているだけで経年劣化

 

 します。

 

 

 

  本革での張り替え修理を、お勧めしています。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:09 | comments(0) | - | pookmark |
力技

 

 

 

  Oさんの奥様用ブーツ、続きです。

 

 


 

 

  靴の屋台骨、中底を作ります。

 

 

 

 

  木型の底周りを、中底用の革

 

 に写し取ります。

 

 

 

 

  木型の底は、微妙にカーブして

 

 いるので、平面の革に正確に写す

 

 のは至難の業。

 

 

 

  若干、大きめに余裕を見ておき

 

 ます。

 

 

 

 

 

 

 


 

  いよいよアッパー釣り込みです。

 

 

 

 

  先に作っておいた芯に接着剤を

 

 塗り、アッパーかかとに挟み込み

 

 ます。

 

 

 

  水性の、革に染み込んで固まる

 

 接着剤なので、たっぷり目に。

 

 

  但し余分なところにはみ出ない

 

 ように注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ワニを使った釣り込み。

 

 

 

 

  先につま先部分を、仮固定の

 

 釘で留めてから、かかと周りを

 

 釣り込みます。

 

 

 

 

  全体のバランスにも注意しつつ、

 

 きれいにまとまるよう引っ張り込

 

 むので、慣れが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  続いて、つま先側の釣り込み。

 

 

 

  かかと側をしっかり接着したら、

 

 つま先側の本釣り込みです。

 

 

 

 

  こちらもつま先心を挟み込み、

 

 仮固定用の釘を駆使しながら、

 

 シワなく、木型にぴったり沿う

 

 よう釣り込みます。

 

 

 

  Oさん、力技できれいに素早く

 

 作業を進めます。腕力勝負の作業

 

 に見えますが、技術も大事です。

 

 

  ただ力がある方が、早くできる

 

 のは確か。

 

 

 

 


 

  本底を切り出し。

 

 

 

  ゴムの本底を、底面に合うよう

 

 裁断します。

 

 

 

  今回使ったのは、いわゆるユニット

 

 ソールですが、かなり大きめにできて

 

 いるので、余分を切り落とすわけです。

 

 

 

  実際にアッパー木型にあてがって、

 

 現物合わせで作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 


  本底を削って成形します。

 

 

 

  木型に合わせて記入した底周り

 

 のラインを参考に、余分なところ

 

 を削り取っていきます。

 

 

 

 

 

  初めから外形全体を整える意識

 

 を持っていると、ラインを大きく

 

 崩すことなく、仕上げられます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:44 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode