Page: 2/184  << >>
オフを楽しむ

 

 

 

 

  Oさんの自分用チャッカーブーツ、

 

 最終仕上げです。

 

 

 

 

  底のコバを染めています。

 

 

 

 

  そのままロウを塗っても、ある

 

 程度は濃い色になりますが、深い

 

 しっかりした茶色に仕上げるため

 

 染料を使います。

 

 

 

 

  塗り重ねることで、色の濃さを

 

 調整します。今回は2度塗りで。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  染色の後は、ロウの塗り込み。

 

 

 

 

  熱したコテで、溶かしたロウを

 

 満遍なく塗り伸ばします。

 

 

 

 

  ロウが行き渡ったら、アイロン

 

 掛けの要領で、コテを使って塗り

 

 伸ばします。

 

 

 

  コテの熱し過ぎに要注意です。

 

 

 

 

 

 

 


 

  ロウ表面の最終仕上げは、工具を

 

 使わず直接手で。

 

 

 

 

 

  布をきつく指に巻き付け、摩擦熱

 

 で溶かしながら、余分なロウを拭き

 

 取りつつ磨き上げます。

 

 

 

 

 

  少しくすんだ輝きが、ピカピカの

 

 表面に変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  木型を抜いたら、最後の磨き。

 

 

 

 

 

  ブラシを使って、まずは埃など

 

 の汚れを落とし、靴クリームを革

 

 の表面に伸ばします。

 

 

 

 

 

  仕上げにクリームのついていない

 

 ブラシで乾拭きして仕上げます。

 

 

 

  見違えるほど、ピカピカに!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  そしてインソールを接着。

 

 

 

 

  仮留め用のゴムノリで、中敷き

 

 の革を固定します。

 

 

 

 

  中敷きの革は、自然に収まるよう

 

 フチを漉いてあります。

 

 

 

 

  あとは紐を通して、履くだけです!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  完成しました。

 

 

 

 

  おもに遊びでのお出かけ用

 

 を想定したチャッカーブーツ。

 

 

 

 

 

  履き込めば、どんどん愛着も

 

 増すと思います。じっくり「育て

 

 て」くださいね。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:41 | comments(0) | - | pookmark |
修理とカスタマイズ

 

 

 

  当工房はオーダーメイドシューズの制作と、

 

 靴づくり教室がメインですが、時折ご依頼のある

 

 修理もお受けしています。

 

 

 

  今回は、そのうちよくあるパターンのご紹介。

 

 まずはカジュアルなウォーキングシューズ的な

 

 こちら。

 

 


 

  修理前です。

 

 

 

  一見すると、全く問題が

 

 無いように見えます。

 

 

 

  アッパーはきれいですが、

 

 しかし...。

 

 

 

 

 

 


  ソールはしっかり劣化。

 

 

 

  特に力のかかる足指付け根の

 

 関節部分で、パックリと切れて

 

 しまっています。

 

 

  これは、底全体を張り替えねば

 

 いけません。

 

 

 

 

 

 


  修理後の靴。

 

 

  上から見ていると、ほとんど

 

 変わらないですが、ソールは元

 

 と同様、タンクソールに張替え。

 

 

 

  新品のゴム底はグリップもよく、

 

 まだまだ活躍してくれることで

 

 しょう。

 

 

 

 

 

 

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 


  こちらは当工房でご依頼の多い

 

 クラークス。

 

 

 

  モデルはワラビータイプ。

 

  天然クレープゴムソールの独特

 

 な履き心地がポイント。

 

 

 

  割ときれいですが、これも修理前。

 

 

 

 

 

 

 


 

  やはりカカトが減っています。

 

 

 

  この位厚みのあるソールだと、減って

 

 いる層だけを削り取って付け替えること

 

 もあります。

 

 

 

 

  しかし今回、全体が劣化し始めている

 

 ため、オールソール張替えとなりました。

 

  べとつき始めると、後は早いですから。

 

 

 

 

 

 


  修理後。

 

 

  すべて貼り替えなので、新品の

 

 ようにフレッシュな感じに。

 

 

 

  天然クレープ独特の弾力が魅力

 

 ですが、暑い時期のアスファルト

 

 に張り付いたり、使いにくい面も。

 

 

 

 

 

 

 


 

  そこで今回は、オーナー様と

 

 ご相談のうえ接地する面に、合

 

 成クレープゴムを使用。

 

 

 

 

  地面に粘りつくような症状を

 

 出さないようカスタマイズ。

 

 

 

 

  元がきれいだったので、ブラッシングで

 

 見違える仕上がりに。

 

 

 

 

 


  最下層が合成クレープ。

 

 

 

  厚みのほとんどは天然クレープ

 

 なので履き心地はさほど変わらず、

 

 地面への張り付きを防ぎます。

 

 

 

  暑い時期でも履きたいという方に

 

 オススメのカスタマイズです。

 

 

 

 

  当工房では、こうした細かいご要望にもお応え

 

 しつつ修理を行っています。

 

  修理専業ではないのでお時間を少々頂きますが...。

 

 

  何かお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:34 | comments(0) | - | pookmark |
ナマケモノ

 

 

 

 

  ローファー制作中の、Yさんです。

 

 

 

 

  英語でスリッポンと呼ばれる、するっと履ける靴ですが、

 

 特にアメリカ(の影響の強い日本でも)では、怠け者を意味

 

 する「ローファー」と呼ばれることが多いようです。

 

 

 

  アッパー単体の最終仕上げ。

 

 

 

  飾り金具のついた、ストラップ

 

 の位置を決めます。

 

 

 

 

  全体のバランスを考えて微調整

 

 したら、接着して縫い付けます。

 

 

 

 

  靴の「顔」になる部分なので、

 

 慎重に検討します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ミシンで縫います。

 

 

 

 

  アッパーに使った革が若干

 

 硬め、かつストラップで厚み

 

 があるため縫いづらいところ。

 

 

 

 

  なるべく負担がかからない

 

 よう持ち手を工夫して、針が

 

 折れないよう注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  続いて中底を削ります。

 

 

 

 

  中底後ろはファイバーを使用。

 

 かなり硬めの素材です。

 

 

 

  なので、大まかに形を切り揃え

 

 たら、機械の力を借りて整えます。

 

 

 

  グラインダーのありがたみが、

 

 しみじみ分かる瞬間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  中底前部の革と、接着します。

 

 

 

 

  木型の底面をなぞった形に、

 

 あらかじめ裁断した革を、後ろ

 

 のファイバーとの接合部だけ、

 

 傾きに漉いてあります。

 

 

 

 

  その、斜めに削った糊代部分

 

 に接着剤を塗り、しっかり圧着

 

 しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  釣り込みの途中です。

 

 

 

 

  中底を木型に固定してから、まず

 

 カカト芯をセットしたアッパーを、

 

 釣り込みします。

 

 

 

 

  続いてつま先に先芯をセットして、

 

 同様に釣り込みします。

 

  ハンマーであらかじめ均して、釣り

 

 込みの際、形が整い易くしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「ワニ」でつり込みします。

 

 

 

 

  かなり強く引っ張り込む工程ですが、

 

 この特殊な工具のお陰で、手早く作業

 

 できます。

 

 

 

 

  最初のうちは、裏面の釣り込み具合

 

 だけを見て作業してしまいがちですが、

 

 バランスを崩さないことも当然、重要。

 

 

 

  片側に多く釣り込んでしまわないよう、

 

 靴全体に気を配りながら作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  つま先の頂点をしっかり固定したら、

 

 サイドも引っ張り込み、アッパーの甲

 

 を密着させます。

 

 

 

 

  革の伸びを利用して、木型にピッタリ

 

 と沿わせるわけです。

 

 

 

 

  ここでも左右どちらかに傾きすぎない

 

 よう、バランスに注意します。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

| ブログ管理人 | 23:47 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode