Page: 2/198  << >>
アングル

 

 

 

  Oさんのストラップ・サンダル、

 

 続きです。

 


 

 

  いよいよ中底革へ、鼻緒に

 

 あたるストラップを取り付け。

 

 

 

  先に中底にストラップ用の

 

 穴をあけて、ある程度の長さ

 

 を引き込み、接着剤で固定。

 

 

 

 

  穴の所を漉いて、ストラップ

 

 が収まるようにしますが、今回

 

 は中底が薄いので、ほどほどに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ストラップ固定部を、ミシン

 

 で縫います。

 

 

 

 

  抜け止めなので、固定した所

 

 全部を縫う必要はありませんが、

 

 強度が出るよう、返し縫いも含

 

 めて念入りに。

 

 

 

 

  中敷き革が白なので、目立た

 

 ないように白い糸で縫いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ストラップの位置をしっかり

 

 確認しつつ、もう片方の端も、

 

 中底へ固定します。

 

 

 

 

  構造がシンプルな分、履き心

 

 地にはストラップの角度が重要。

 

 

 

 

  何度も足に合わせて確かめて、

 

 漉いて作る溝の位置を決定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ストラップの固定後、削り

 

 作業をします。

 

 

 

 

  ゴム本底を貼る中底表面は、

 

 できるだけ平らである必要が

 

 あります。

 

 

 

 

  ストラップ部分を中心に、

 

 段差がなくなるよう削り、底

 

 全体をけば立たせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ゴムソールの準備。

 

 

 

 

  今回は、軽めのスポンジソール

 

 をヒールなしのウェッジタイプに

 

 に成形します。

 

 

 

 

  ビブラムの定番スポンジですが、

 

 端の部分を利用してウェッジ部の

 

 厚みを削りだし。

 

 

 

  重ねて接着し、ヒールとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  ゴム本底と中底を接着後、外周

 

 を染色します。

 

 

 

 

  前作業として、余計なところに

 

 色が付かないよう、テープを貼り

 

 準備します。

 

 

 

 

  今回と違いゴム底を貼ってから

 

 外周を仕上げ削りする場合、その

 

 作業後にテープを貼ります。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:23 | comments(0) | - | pookmark |
革が先かも

 

 

 

 

  いろいろな作業に積極的に取り組んでいる

 

 Mさんの次回作。

 

 

  さくっと作れて気軽に履ける、モカシン

 

 になりました。 

 

 


 

 

  Mさん自前の在庫の革で、作ります。

 

 というか、この革があるから作りたい、

 

 ぐらいな感じです。

 

 

 

 

  靴ではなかなか見かけない緑系の革。

 

 モカシンの場合、革の色合いでかなり

 

 の部分、個性が決まります。

 

 

 

 

  お気に入りの色で作ると、気分も

 

 アガリますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  穴あけ作業です。

 

 

 

 

 

  抜き(細めの革ポンチ)を使い、

 

 手縫い用の穴と、履き口周りに

 

 飾り紐を通す穴を空けます。

 

 

 

 

 

  少し強めに叩けば一撃で貫通

 

 できますが、ヒビ割れしないよう、

 

 注意が必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  履き口周りに折り返しの革を

 

 縫い付け、飾り紐を通しさらに

 

 縫い合わせます。

 

 

 

 

 

  紐を通してから、接着剤で仮

 

 留めしておきます。

 

 

 

 

  紐が固定されないように注意

 

 します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  本体を縫い合わせます。

 

 

 

 

 

  かかとを縫い合わせ、縫い目を

 

 広げて整えたら、さらに革テープ

 

 を履き口に縫い付け。

 

 

 

 

 

  縫った後折り返すので、ギリギリ

 

 を狙って縫います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  本体と甲を手縫いします。

 

 

 

 

  縫い始まりでしっかりと紐を

 

 留め、徐々に緩めにしつつ編む

 

 ように縫い進めます。

 

 

 

 

 

  ある程度まで進んだら、木型

 

 を装着して形を整えつつ、引き

 

 絞っていきます。

 

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:43 | comments(0) | - | pookmark |
さじ加減

 

 

 

  ビジネスシューズとして一般的な、外羽根靴を

 

 制作中の、Yさんです。

 

 

  甲革の縫製をしています。

 

 

 


 

  その、かかとの縫い割。

 

 

 

 

  ミシンで縫ったカカトを、

 

 縫い目を広げるために叩き

 

 ます。

 

 

 

 

  専用の木の台・馬の上に

 

 載せ、表からも叩き整えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  裏地と合わせ、履き口周り

 

 にステッチラインを引きます。

 

 

 

 

  ディバイダーでケがき、縫う

 

 時の目安にします。

 

 

 

 

 

  たったこれだけの準備で、実

 

 際にミシンで縫う時にだいぶ楽

 

 になります。

 

 

 

  当然仕上がりも、いいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ベロの部分で裏地を接着。

 

 

 

 

  平らにつけると、あとで裏地に

 

 縦皺が入って酷いことになるので、

 

 完成した時に近い形で圧着します。

 

 

 

 

 

  手で癖をつけ、丸みを帯びた形で

 

 よくしごいておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ミシンで縫い合わせます。

 

 

 

 

 

  基本的にパーツごとに裏地と

 

 表地を合わせてから、固定する

 

 場所を縫います。

 

 

 

 

 

  その後、さらに各パーツを組み

 

 合わせて、縫い付けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  アッパーができたので、中底の

 

 作業に入ります。

 

 

 

 

  後ろ側は硬いファイバー、前足

 

 部は革で組み合わせて作ります。

 

 

 

 

  だいたい底の形と同じ大きさに

 

 切り出し、前後を接着して一枚に

 

 してから、最終的な寸法に仕上げ

 

 ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  中底の革を漉きます。

 

 

 

 

  後足部と組み合わせる所は斜め

 

 に漉きますが、まずは裏側全体の

 

 毛羽立ちを漉いて取ります。

 

 

 

 

  踏み込んだ時の硬さに影響する

 

 ため、仕上り厚みにも注意しつつ、

 

 全ての毛羽を取り去ります。

 

 

 

  単純に均一に仕上げるわけでも

 

 ないのが難しいところ。

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:03 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode