Page: 2/180  << >>
強さ

 

 

  毎回お仕事帰りに、結構いいペースで

 

 靴を制作されている、Yさんです。

 

 

 

  今度はご家族のためのローファーに

 

 取り掛かっています。

 


 

 

  まずはデザインから。

 

 

 

 

  基本形の型紙を作り、その上に

 

 デザインを考えていきます。

 

 

 

 

  平面の紙に、立体の靴をイメージ

 

 するのは少々難しいため、いったん

 

 ラインを記入したら、その都度木型

 

 にあてがって、雰囲気を確認します。

 

 

 

 

  だんだん、思い描いた感じに整ってきました。

 

 

 

 

 

 

 


  仮縫いの制作に入ります。

 

 

 

 

  こうした複雑なラインを正確に

 

 トレースしなければならない型紙

 

 は、まずラインを直接、革に記入

 

 出来るようペン先が入るスリット

 

 を、切っておきます。

 

 

 

 

  甲はモカ縫いをするので、当然

 

 手縫いステッチのピッチも考えて

 

 おきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  とりあえず縫ってみた仮縫い

 

 アッパーを、木型に釣り込み。

 

 

 

 

  モカラインがきれいに収まる

 

 ように、バランスよくつり込み

 

 しなければいけません。

 

 

 

 

  歪んだアッパーはなかなか修正

 

 が効かず、最初が肝心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  仮縫いで大きなトラブルもなく、

 

 必要な修正作業も終わったので、

 

 いよいよ本制作です。

 

 

 

 

  オーソドックスな黒の革で、

 

 いわゆるローファーを作るのですが、

 

 履く本人の希望は「強そうな靴」と

 

 いうことで、ちょっと(かなり)悩んで

 

 いました。

 

 

 

  女の子のいう「強そう」って、どういう

 

 感じだろう...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  型入れの終わった革。

 

 

 

 

  すでに型紙のラインが全て記入

 

 されているので、間違わないよう

 

 正確に裁断していきます。

 

 

 

 

  革の厚みは2mm少々ですが、

 

 紙と違ってナイフの角度で、裁断

 

 後の仕上がりが全く違います。

 

 

 

  この後、手縫いを含めて、アッパーをしっかりと縫いあげていきます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:57 | comments(0) | - | pookmark |
渋い系。

 

 

  渋いブーツを制作中の、渋いYさんです。

 

 

 

  本格的にレザークラフトをしている強みを

 

 生かし、こだわったヌメ革で制作します。

 

 

 


 

  仮縫いが終わっているので、本番用の

 

 アッパーを、まず腰革(カカト周り)から

 

 縫っています。

 

 

 

 

  カカトの縫い割は、余裕を付けすぎて

 

 縫ってしまい、若干硬く厚めの革のため、

 

 縫い割しやすいようカットして調整。

 

 

 

 

  ごく僅か、そして縫い目にかからないよう、

 

 丁寧に裁断します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  縫った革をヒールカーブに合わせ、

 

 立体的に整えます。

 

 

 

 

  木の台(馬)に載せ、ハンマーで叩いて

 

 縫い目を広げます。

 

 

 

 

  裏と表と両面から少しずつ作業し、

 

 最終的には写真のようにきれいに仕上がり

 

 ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  使うのがヌメ革で、普段からレザー

 

 クラフトの手縫いをされているので、

 

 アッパーも手縫いしたいとのこと。

 

 

 

 

  そこであらかじめステッチラインを

 

 菱目打ちで穴あけ。

 

 

 

 

  穴あけはステッチの下に入る革にも

 

 同じように開けるため、ミシンと違って

 

 大変、手間がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ひと目一目、丁寧に手縫いして

 

 いきます。

 

 

 

 

  通常、靴業界で「手縫い」という

 

 のは、底付けの方法に関してのみ、

 

 いわれますが、手縫いの美しい仕上がり

 

 にこだわりのある方は、こうして甲革

 

 も手縫いを希望される方もいます。

 

 

 

 

  自分で作る靴ですから、いくらでも

 

 こだわりを実現できますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 


  そうして形になってきた甲革。

 

 

 

 

  きれいなステッチラインに、さらに

 

 ハトメの金具もアクセントが効いて、

 

 いい感じです。

 

 

 

 

  全体が一枚革の甲革ですが、履き口

 

 だけは、あたりをソフトにし、エッジを

 

 保護するため、パイピングしてあります。

 

 

 

 

  ヌメ革は、使い込んでいくと色が変わり、

 

 育っていく革ですから、今から将来が楽しみです。

 

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:34 | comments(0) | - | pookmark |
て・を・とりあって

 

 

 

  ベビーシューズ教室にご夫婦で参加の、

 

 Aさんです。

 

 

 

 

  組み合わせにちょっと迷いつつ、

 

 好みの革を選んだら早速、型紙を

 

 革の表面に書き写していきます。

 

 

 

 

  外形をなぞって書き込み、手縫い

 

 穴の位置にも、印を入れます。

 

 

 

 

  秋冬は、やっぱりこうした起毛の

 

 革が人気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  穴あけは旦那さまが。

 

 

 

 

  型入れの際に書き込んだ目印を

 

 参考に、記入のズレを補正しつつ、

 

 革ポンチで穴あけします。

 

 

 

 

  最終的に、この穴開けの位置で

 

 完成品の見栄えが変わるので、大事

 

 な作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ヒール側のクッションを取り付け。

 

 

 

  履き口周りに、あたりの柔らかい

 

 クッションを取り付けます。

 

 

 

  最初に、中にスポンジを仕込んだ

 

 餃子のようなクッションを作ります。

 

 

 

 

  本体側は、クッションのラインに

 

 合うように裁断します。まずは銀ペン

 

 で下書きします。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  ミシン作業は奥さまが。

 

 

 

  接着剤で仮固定したクッションを、

 

 ミシンで縫い合わせていきます。

 

 

 

  クッションの反発でそのままでは

 

 縫いづらいので、ドライバーで押さえ

 

 ながら、縫い進みます。

 

 

 

  ステッチラインが流れないように注意

 

 しながら、作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  縫い合わせた裏地の余分を、

 

 切り落とします。

 

 

 

  履き口周りの余裕分のほか、

 

 組み合わせる甲のパーツと噛み

 

 合う部分に、切れ込みを入れて

 

 おきます。

 

 

 

 

  しっかりと型紙と見比べて、

 

 ズレのないように注意します。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  甲の部分との縫い合わせ。

 

 

 

  奥さまの作業を見て、これなら

 

 出来そうかな?と、旦那様が挑戦

 

 してみました。

 

 

 

 

  ゆっくりと慎重に縫えば、強度

 

 も見た目も大丈夫!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  続いての、手縫い作業は片足ずつ

 

 手分けして。

 

 

 

  底周りを手縫いしていきますが、

 

 糸を徐々に引き絞り、全体の革が

 

 均等に伸びるようにします。

 

 

 

 

  はじめゆる〜く編むようにして、

 

 何段階かに分けて、強く引き絞り

 

 ます。

 

 

 

  結構、力のいる作業です。

 

 

 

 

 

 

 


 

  そして細かい仕上げをしたら、完成です!

 

 

 

 

  オーソドックスな紐靴タイプの、正統派

 

 ベビーシューズの出来上がり。

 

 

 

 

  表面がスムースの革と、起毛の革の組み

 

 合わせで、質感の変化も面白いですね。

 

  ちょっと「大人な」ベビーシューズに

 

 なりました。

 

 

 

  いっぱい歩いて、お散歩を楽しんでください。

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:15 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode