Page: 2/193  << >>
素のまま

 

 


 

  オリジナル・デザインの内羽根を作っている、

 

 Kさんです。

 

 

 

  ここからアッパーの仕上げ。

 

 

 

 

 

  ざっくりとした印象から、

 

 手縫い仕上げでも合いそうな

 

 雰囲気です。

 

 

 

 

 

  アッパーの縫製は、すべて

 

 ミシンで行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  ミッドソールを削ります。

 

 

 

 

 

  中底素材は、ファイバーと

 

 レザーのハイブリッド。

 

 

 

 

  底全体のラインをきれいに

 

 整えるため、グラインダーで

 

 削り込んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  月形を作ります。

 

 

 

 

  月形芯は、足をカカトから

 

 すっぽり包み込むように作り

 

 ます。

 

 

 

 

  外形は徐々に薄くなるよう

 

 漉いて、段差がないように仕

 

 上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  芯をセットしたアッパーを、

 

 木型に釣り込みます。

 

 

 

 

  ワニで力強く引き込み、釘で

 

 仮留めしつつ形を整えます。

 

 

 

 

  つま先側を仮固定後、かかとを

 

 接着剤で釣り込み固定し、全体の

 

 バランスを見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  かかとのつり込み後、更に木型

 

 に合わせ、つま先心を作ります。

 

 

 

 

  徐々に厚みが薄くなるように、

 

 床革を漉いて作るのは同じですが、

 

 こちらは木型の形になじませつつ、

 

 外形を細かく削り込んでいきます。

 

 

 

 

  上から甲革で仮釣り込みして、

 

 芯の形を整えます。

 

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:14 | comments(0) | - | pookmark |
最後は手仕上げ

 

 

 

  Oさんのモカシン、続きです。

 


 

  甲を縫い付ける、モカ縫い

 

 を進めます。

 

 

 

 

  ここは手でざっくり縫い進め

 

 てありますが、途中から工具を

 

 使って引き絞っていきます。

 

 

 

 

  これで、だいぶ形になって

 

 きました。

 

 

 

 

 

 

 


 

  かかと側のつり込みです。

 

 

 

 

  ワニを使い、かかと周りを

 

 接着します。

 

 

 

 

  前側のフラットな部分は、

 

 そのまま圧着して固定します。

 

 

  余分な革は、シャンクの際で

 

 切り落としておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  ゴムの本底を切り出し。

 

 

 

  中底ゲージを使い、少し大きめ

 

 にゴム材を切り出します。

 

 

 

 

  銀ペンでぴったりのラインを書

 

 いておき、少し余裕を持たせるのが

 

 ポイント。

 

 

 

  削り込んで仕上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  アッパー側の下準備。

 

 

 

  接着面を荒らすため、底面側に

 

 グラインダーをかけます。

 

 

 

 

  全体が毛羽だった状態になる

 

 まで、満遍なくやすり掛けして

 

 おきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  機械でやり残した部分を、

 

 手作業でペーパー掛け。

 

 

 

 

  中底の入っているところは、

 

 動力で穴が開くとまずいので、

 

 最終的には手仕上げします。

 

 

 

 

  これでゴム底を接着すれば、

 

 もうモカシンの完成です。

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
年季

 

 

 

 

  いろいろな作業を持ち込まれている Mさん。

 

 

  新しい靴を作るだけでなく、しばらく履いて

 

 いなかった靴に手を加えて、活躍させる作業も。

 

 

 

 

 

  それで今回、修理する靴。

 

 

 

 

  かなり前に買ったという、NIKE

 

 スポーツシューズ。

 

 

 

 

  ほとんど履いていないというだけ

 

 あって、とても状態は良いです。

 

 

 

  ほぼ新品!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  しかし底の接着面が、ご覧の通り。

 

 

 

 

  ちょっと力を入れて剥げば、全体

 

 がきれいに剥がれました。

 

 

 

 

  もともとあまり強力には接着して

 

 いない様子。これをしっかり付け直

 

 します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  全体に接着剤を塗布します。

 

 

 

 

  アッパーのソール側は柔らかく、

 

 形がはっきりしないため、部分毎

 

 にわけて作業します。

 

 

 

 

  本体側と、ソール側の双方に、

 

 接着剤を塗布します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  ここからは新しい靴を作ります。

 

 

 

 

  手持ちの革があったので、手縫い

 

 で履きよいバブーシュを作ります。

 

 

 

  モロッコの、スリッパ調の室内

 

 履きです。

 

 

  まずはパーツを裁断します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  底がベースになるので、まずは

 

 中底を作ります。

 

 

 

 

  ゴムの表底に、クッションとなる

 

 スポンジゴムと、中敷き革を貼り付

 

 けます。

 

 

 

 

  これが土台になって、靴の外形を

 

 決めるので、外周の仕上げは丁寧に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

  さらに甲の部分を接着。

 

 

 

 

  すっぽり全体を覆う形なので、

 

 外周を一定幅で接着します。

 

 

 

 

  ここはそのまま手縫いのライン

 

 となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

  全体を見ると、だいぶ立体的に

 

 なってきました。

 

 

 

 

  もう外周を手縫いで付けてある

 

 ため、出来上がったような見栄え

 

 です。

 

 

 

 

  もう少し、癖をつけてから、底

 

 を取り付けていきます。

 

 

 

 

  ではまた。

 

 

 

 

 

| ブログ管理人 | 23:26 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Profile

靴屋のHP

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode